HOME > DTP情報 >名刺交換ビジネスマナー

名刺交換ビジネスマナー

ビジネスは、挨拶と名刺交換から始まります。言葉遣い、身だしなみなどとともに、 名刺交換のマナーを身に付けることで第一印象をさらにアップさせることが可能です。 名刺交換マナーをまとめておりますのでご参考にしていただけましたら幸いでございます。

名刺交換ビジネスマナー

<万全な準備を整えておきましょう>
☐専用の名刺入れを準備します。
☐名刺は常に少し多い目にいつも準備すると安心です。
☐訪問先で待機させていただいた場合、担当者の姿が見えたら立ち上がってお出迎えます。
☐胸の高さの位置で持ちます。
ポイント① 複数の相手と名刺交換をする場合は、あらかじめ自分の名刺を名刺入れから相手の人数分取り出し、名刺入れのフタや下に置いてスタンバイしておきましょう。
ポイント② 少しでも汚れている自分の名刺は破棄しておきましょう。

<差し出す時は、明朗に誠意をもってお渡ししましょう>

☐「○○社の○○と申します」軽くお辞儀をしてから名刺交換を始めます。
☐自然な笑顔で、相手の目を見ながら、 自ら先に名刺を差し出すようにしましょう。
☐名刺は胸の高さで持ち、両手で相手が読んでいただける向きで手渡します。
☐名刺は、会社名、所属部署、名前(フルネーム)を言いながら渡す
ポイント① 名刺交換は必ず立って行う
ポイント② 相手が名刺入れを取り出していたりして準備ができていない場合は、相手の準備が整うまで、差し出さずに待機しましょう
ポイント③自分の手元に目が行ってしまいがちなので、相手の目を見て渡すようにする

<受け取る時は、丁重に頂きましょう> ※差出し時と受取り時は同時進行
☐「頂戴いたします」と言いながら、胸の高さで両手で受け取ります。
☐受け取ったら、まずはその場で軽く名刺を見るようにしましょう。
☐「○○様ですね」読み方が分からなければ、最初に聞く分には失礼にはあたりません。
ポイント① もし目上の人から先に出された場合は「申し遅れました」と言って自分の名刺を差しだしましょう。
ポイント② お互い右手で差出し、左手で受けとる。

<打合せの時は、頂いた名刺はしばらくお手元に置きます>
☐自分から見て左斜め前にいただいた名刺を自分が読める方向に置きます。
☐1対1の場合、自分の名刺入れの上に置きます。
ポイント① 複数の人と名刺交換をした場合には、名刺をテーブルの上に並べ、相手の座席順に並べます。

<タイミングをみて名刺いれにしまいます>
☐名刺をしまうタイミングは周りの人に合わせて行うのがベストとなります。
☐名刺入れにしまいます。ポケットや鞄にしまうのは芳しくありません。
ポイント① 打合せ途中、名刺を置くスペースがなくなった場合は、軽く一礼してから名刺入れにしまうようにしましょう。

<名刺は大切に管理しましょう>
☐名刺フォルダ等に入れて大切に保管します。
ポイント① 帰社した直後、名刺交換をした日付、相手の特徴、内容等の情報を、裏側にメモをしておくと後々に役立ちます。
ポイント② 名刺交換後は、ハガキやメールで、お会いいただいたお礼を出すことをお勧めします。

名刺印刷はこちら

極小ロット対応 高品質 カラー名刺

デジタル印刷機による高品質印刷。
10部からの極小ロット、短納期にも対応いたします。
■名刺サイズ[55×91mm]10部〜 用紙は6種類から選べます。
■完全データ支給・税別・送料別

オリジナル木製名刺

オリジナル木製名刺

天然木ならではの色や木目などの個性が光る名刺です。 木のやさしさ、ぬくもりを肌で感じるプレミアムな貴方だけのオリジナル名刺をお作りください。
■名刺サイズ[55×91mm] ■用紙:桐(未晒)
■30枚からご注文いただけます。

手漉き和紙名刺

手漉き和紙名刺

紙職人が1枚1枚漉いた耳付き手漉き和紙。1枚として同じものはなく、和紙の風合い豊かな質感をお楽しみ頂けます。後世に残る逸品をお作りください。贈り物にも喜ばれる商品です。
■サイズ:約55×約91mm目安(手漉きの為一枚一枚違います)
■用紙:4種類ご用意しております。■一箱50枚入り

活版名刺印刷キャンペーン

手漉き和紙名刺

古典的活版印刷では紙に生じる凹みや1枚1枚違うかすれ具合は独特の温もりとなり、新鮮さをもって受け止められています。お得なオリジナル活版名刺キャンペーン実施中です。ぜひこの機会にお試しください。