HOME > DTP情報 > 文例集

文例集

 

新年のご挨拶

◆文例01◆
新春を迎え、貴社ますますのご発展をお祈り申し上げますとともに
本年も倍旧のお引き立て賜りますようお願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例02◆
旧年中は格別のご高配にあずかり厚く御礼申し上げます
なにとぞ本年も相変わりませずご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例03◆
旧年中は格別のご厚情にあずかり 心より御礼申し上げます
御社のますますのご発展を祈念しますとともに 本年も
なお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例04◆
昨年はひとかたならぬご指導により 大過なく勤めさせていただき 誠にありがとうございました
本年も変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例05◆
年中は並々ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます
本年も昨年同様 ご指導の程よろしくお願いいたします
今年も何卒ご指導 ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例06◆
謹んで新年の御祝詞を申し上げます
お健やかに初春をお迎えのことと存じます
昨年は何かとお世話になり有難うございました
本年もなにとぞよろしくお願いいたします
平成○年 元旦

◆文例07◆
謹賀新年
新春を迎え平素のご厚情を深謝し
皆様のご多幸をお祈り申し上げます
平成○年 元旦

◆文例08◆
謹んで新春を寿ぎ奉ります
年頭に際し平素のご厚情を感謝し
あわせて倍旧のご交誼の程をお願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例09◆
謹賀新年
平素の疎遠をお詫び申し上げ
なお一層のご交誼の程お願い申し上げます
平成○年 元旦

◆文例10◆
迎春
皆々様のご健康とご多幸をお祈り致しますと共に
なお本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます
平成○年 元旦

暑中見舞い

◆文例01◆
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
酷暑の折柄ご自愛ご健康をお祈り申し上げます
さて弊社では下記の期間にて夏期休暇を実施させていただきますので
何卒ご了承の上 今後とも一層の御愛顧の程お願い申し上げます
0月00日(○)~ 00日(○)
平成○○年 盛夏

◆文例02◆
暑中お見舞い申し上げます
厳しい暑さが続いておりますが いかがお過ごしでございましょうか
日頃はひとかたならぬお引立てにあずかり厚くお礼申し上げます
酷暑の折から くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例03◆
平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます
暑さ厳しき折柄 ご自愛ください
今後ともなお一層ご愛顧のほどお願い申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例04◆
暑中お見舞い申し上げます
炎暑ことのほかきびしい中 皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか
日頃よりいろいろとお世話になりながらも ご無沙汰しておりまして申し訳ございません
おかげさまで私ども一同 相変わらず元気に暮らしておりますのでご安心ください
この暑さはまだしばらく続きそうです 皆様くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます
まずは暑中お見舞いまで
平成◯◯年 盛夏

◆文例05◆
暑中お見舞い申し上げます
今年は冷夏といわれ いま一つカラッとしない天気が続いておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか
私どもは家族一同 いたって元気に過ごしておりますのでご休心ください
今のところ平年より気温が低いとはいえ まだまだ暑さも続きます折
なにとぞ御身を大切にお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例06◆
暑中お見舞い申しあげます
ご無沙汰しておりますがお元気でいらっしゃいますか
暑さの折からご自愛をお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例07◆
暑中お見舞い申しあげます
ご無沙汰しております暑さもきびしさを増しています
十分ご自愛くださいますようにお祈り申しあげます
平成◯◯年 盛夏

◆文例08◆
暑中お見舞い申しあげます
厳しい暑さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか
私はおかげさまで元気に過ごしております
炎暑厳しき折 お体大切にお過ごし下さいますようお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例09◆
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
今後共なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例10◆
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
暑さ殊の外厳しき折柄皆様のご健勝をお祈りいたします
平成◯◯年 盛夏

◆文例11◆
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
炎暑のみぎり皆様のご健康とご自愛をお祈り申し上げます
毎々格別のお引立てを賜わり厚く御礼申し上げます
今後とも一層のご愛顧の程お願い申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例12◆
毎々格別のご高配を賜り有り難く厚く御礼申し上げます
今後共一層のお引き立てのほどひとえにお願い申し上げます
毎々格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
酷暑の折柄ご自愛ご発展のほどお祈り致します
毎度ありがとうございます
平成◯◯年 盛夏

◆文例13◆
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
炎暑いよいよしのぎ難くなりましたが貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします
平成◯◯年 盛夏

◆文例14◆
>酷暑のみぎり皆様のご健康をお祈り申し上げます
水辺に涼を求むの暑さ 皆様のご機嫌お伺い申し上げます
暑さ厳しき折柄ご機嫌お伺い申し上げます
時節柄 ご健康には十分ご留意のうえご活躍くださいますよう心から祈念いたしております
平成◯◯年 盛夏

◆文例15◆
暑中お見舞い申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
酷暑の折柄ご自愛ご健康をお祈り申し上げます
さて 弊社では下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので
ご了承のほどよろしくお願い申し上げます
記 八月十◯~◯日 ◯日間
今後とも一層の御愛顧のほどお願い申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例16◆
暑中お見舞い申し上げます
毎々格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
炎暑いよいよしのぎ難くなりましたが貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします
さてこのたび夏期休暇の為、誠に勝手ながら左記の通り休業させていただきます
何かとご迷惑をお掛けすることと存じますがなにとぞ御了承下さいますようお願い申し上げます
記 八月◯日~◯日 ◯日間
平成◯◯年 盛夏

◆文例17◆
暑中お見舞い申し上げます
毎々格別のお引き立てに預かり有り難く厚く御礼申し上げます
さて 甚だ勝手ではございますが 下記期間を夏期休業とさせていただきます
何卒ご了承の上今後ともよろしくお願い申し上げます
記 休業期間 八月◯日~◯日
平成◯◯年 盛夏

◆文例18◆
夏期休業のお知らせ
毎々格別のお引き立てに預かりまして有り難く厚く御礼申し上げます
さてこのたび夏期休暇の為 誠に勝手ながら以下の通り休業させていただきます
何卒よろしくお願い申し上げます
記 八月◯日 八月◯日 八月◯日 三日間
平成◯◯年 盛夏

◆文例19◆
夏期休業のお知らせ
毎々格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
さて 弊社 このたび夏期休暇のため誠に勝手ながら以下の通り休業させていただきます
何かとご迷惑をお掛けすることと存じますがなにとぞ御了承下さいますようお願い申し上げます
記 八月◯日 八月◯日 八月◯日 ◯日間
平成◯◯年 盛夏

◆文例20◆
暑中お見舞い申し上げます
日頃は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます
暑さの厳しき折柄 皆様方のご健勝をお祈り申し上げます
お盆休みのお知らせ 八月◯日~◯日(◯日間)
平成◯◯年 盛夏

◆文例21◆
暑中お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いておりますが皆様お元気でお過ごしでしょうか
こちらは札幌に来て初めての夏です
想像していたのとは異なり北海道とは思えないほどの暑さが連日続いています
今年の夏は例年になく暑くなるそうです皆様もどうかご自愛下さいませ
平成◯◯年 盛夏

◆文例22◆
このたび●●支店へ転任となりました
在任中のご支援に心より感謝いたしますとともに
今後とも末永いご指導ご鞭撻をお願い申し上げます
時節柄一層のご自愛をお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例23◆
暑い日が続きますが お元気ですか
このたび●●を退社いたしました
在職中のご交誼を心よりお礼申し上げます
時節柄 皆様のご健勝をお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

◆文例24◆
暑中お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いておりますが お変わりなくお過ごしでしょうか?
このたびはご丁寧なお心づかいをいただき 本当にありがとうございました
◯◯は私たち二人とも大好物で喜んでおります
奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください
まだしばらくは厳しい暑さが続 きますが体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ
お礼まで
平成◯◯年 盛夏

◆文例25◆
私達は結婚式を挙げ新生活に入りました
お近くへお越しの際は ぜひお立ち寄りください
暑さ厳しい折 お体にお気をつけください
平成◯◯年 盛夏

◆文例26◆
このたび私たちは結婚いたしました
なにぶんにも未熟な二人ですが今後ともよろしくお願い申し上げます
時節柄 一層のご自愛をお祈り申し上げます
平成◯◯年 盛夏

喪中

◆文例01◆
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
本年中の頂戴いたしましたお気持ち
にを厚く御礼申し上げますと共に
明年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます
平成○年 ○月

◆文例02◆
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
父の喪中につきご遠慮申し上げます
今年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成○年 ○月

◆文例03◆
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
去る[ ○月 ][ 続柄 ][ 名前 ]が他界いたしました
平素のご芳情に深く感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
平成○年 ○月

◆文例04◆
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
○○月に [続柄] 「名前」が○○才
にて亡くなりました
○○月に [続柄] 「名前」が○○才
ここに今年に頂戴いたしましたお気持ちを感謝致しますと共に
明年も変わらぬお付き合いをお願い申し上いたします
平成○年 ○月

◆文例05◆
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
今年六月に父が永眠致しましたため
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご遠慮させていただきます
なお時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます
平成○年 ○月

◆文例06◆
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
[続柄] 「名前」が○月○日に○歳で永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご芳情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
平成○年 ○月

◆文例07◆
喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきます
本年中に賜りましたご芳情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼の程お願い申し上げます
みなさまお健やかに佳き新年をお迎え下さいませ
平成○年 ○月

◆文例08◆
喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます
平素はお世話になりまして誠にありがとうございます
本年喪中につき年始のご挨拶を失礼させていただきますが
皆様のお年賀状は楽しみにしております
どうぞお健やかにて佳き新年をお迎えくださいませ
明年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
平成○年 ○月

寒中お見舞い

◆文例01◆
寒中お見舞い申し上げます
寒さの厳しい日が続きますがお元気でお過ごしですか
皆様のご健勝をお祈り申し上げます
平成○年 ○月

◆文例02◆
寒中お見舞い申し上げます
服喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきました
本年も変わらぬご交誼の程お願い申し上げます
寒さの折 皆様のご健勝をお祈りいたします
平成○年 ○月

◆文例03◆
寒中お見舞い申し上げます
服喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきました
本年も皆様に幸多きことをお祈り申し上げます
平成○年 ○月

事務所移転

◆文例01◆
移転のお知らせ
拝啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てご愛顧を賜り有難く厚くお礼申し上げます
さて このたび左記に自宅及び営業所を○月○日より移転致しますのでお知らせ申し上げます
何卒今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願いかたがたご通知申し上げます  敬具

◆文例02◆
事務所移転ご案内
拝啓 時下ますますご清栄の御事とお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます
弊社は このたび左記の通り移転し 来る○月○日(○)より新事務所において
営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます
何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます  敬具

◆文例03◆
事務所移転のお知らせ
拝啓 ○○の候 毎々格別のご厚情を賜り有難く御礼申し上げます
このたび 来る○月○日(○)より左記住所に事務所を移転し業務を開始致すことになりました
何卒今後ともよろしくお引き立てのほどひとえにお願い申し上げます
右 簡略ながら書中をもってお知らせかたがたご挨拶申し上げます  敬具

◆文例04◆
事務所移転のお知らせ
謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
毎々格別のご高配を賜り誠に有難く厚くお礼申し上げます
さて このたび 本社を下記に移転致すことと相成りました
今後とも何卒倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご通知かたがたご挨拶申し上げます  敬具

◆文例05◆
営業所開設の挨拶
○○営業所開設のご挨拶
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます
さて このたび お陰様にて○○営業所が開業の運びと相成りました
これもひとえに皆様方の日頃のご愛顧とご支援の賜と感謝致しております
まだまだ準備不足のため何かとご迷惑をおかけするかと存じますが
よろしくご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  敬具

社名変更

◆文例01◆ 【改組と同時に社名変更】
拝啓 時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り 厚くお礼申し上げます
さて弊社はこのたび有限会社から株式会社に改組するのを機に
平成○○年○月○日をもって社名を「株式会社○○○○」と変更致しました
これを機に社員一同日頃のご愛顧に報いるべく新たな決意をもって努力致す所存でございます
何卒従来にも増してのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは書中をもちましてご通知かたがたご挨拶申し上げます  敬具
平成○○年○月
株式会社 ○○○○ 
代表取締役社長 ○○○○

◆文例02◆ 【イメージ改新の為社名変更】
拝啓 時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます
さてこのたび当社は○月○日をもって社名変更することとなりました
業務内容が時代とともに変化をとげ 当社の新たなイメージ認知の必要性とその向上を願い
新社名は○○○○○と致しました
この社名変更を機に社員一同大いなる希望をもってさらなる努力をしていく所存でございます
今後とも何卒倍旧のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます  敬具
平成○○年○月
株式会社 ○○○○ 
代表取締役社長 ○○○○

◆文例03◆ 【イメージ改新の為社名変更+事業内容案内】
拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます
さて 当社では○○○○・○○○○開発及び○○○○など
事業の多角化を進め今日に至りました
思えば今日までこのように事業を伸展できましたことは
ひとえに皆様方のご支援の賜物と厚くお礼申し上げます
つきましては今後更なる事業発展を期すため新時代にふさわしい商号として
来る○月○日より社名を○○○○株式会社と変更致すことになりました
ここに謹んでご案内申し上げますとともに今後いっそうのご愛顧ご鞭撻を賜りますよう
略儀ながら書中をもってお願い申し上げます  敬具
平成○○年○月
株式会社 ○○○○ 
代表取締役社長 ○○○○

◆文例04◆ 【名変更に伴う住所・取引銀行・代表者変更の案内】
拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り有難く厚くお礼申し上げます
さて株式会社○○○○は平成○年○月○日より
株式会社○○○○と社名変更致すこととなりました
尚これに伴い左記に住所を移転し また代表者変更・取引銀行変更も
併せて行います事をご案内申し上げます
これを機に私共一同決意を新たに社業の一層の
充実・進展に努めてまいる所存でございますので
今後とも格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます  敬具
平成○○年○月
株式会社 ○○○○ 
代表取締役社長 ○○○○

◆文例05◆ 【有限会社から株式会社に組織変更】
拝啓 ○○の候 ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配に預かり厚く御礼申し上げます
さて 弊社はこのたび有限会社から株式会社に改組し
○月○日をもって社名を「株式会社○○○○」と変更致しました
これを機に社員一同 より一層 お客様の満足度向上の実現に 邁進していく所存で
ございますので 何卒 倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは失礼ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます  敬具
平成○○年○月
株式会社 ○○○○ 
代表取締役社長 ○○○○

社長交代

◆文例01◆ 【社長から相談役へ就任/新任社長の挨拶】
拝啓 ○○の候 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます
さて 今般私儀 永年皆様のご指導のもと○○○○株式会社代表取締役社長として
経営の任にあたってまいりましたが新時代への世代交代を期し
このたび取締役相談役に退くこととなりました
左記の通り後任の社長には○○○○を推挙することとなりましたので
今後とも私同様ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます  敬具

◆文例02◆ 【社長から相談役へ就任/新任社長の挨拶】
謹啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
さて 私儀 このたび弊社取締役会において代表取締役を辞任し相談役に就任致しました
代表取締役在任中は多年にわたり一方ならぬご懇情を賜り有難く厚く御礼申し上げます
後任の代表取締役○○○○につきましては
私同様のご支援を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもって御礼かたがたご挨拶申し上げます  敬具

◆文例03◆ 【社長から会長へ就任/新任社長の挨拶】
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます     
さて 私儀 このたび代表取締役社長を辞し代表取締役会長に就任致すことになりました
社長在任中は公私共に格別のご懇情を賜り 誠に有難く厚く御礼申し上げます
尚 後任には○○○○が就任致しましたので
今後とも私同様一層のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶かたがたお願い申し上げます  敬具

◆文例04◆ 【前社長死去に伴う新任会長就任の挨拶/新任社長の挨拶】
謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
さて 先般開催の取締役会において選任され
このたび取締役副社長を辞任し取締役会長に就任致しました
つきましては今後一層社業発展に精励致す所存でございますので
倍旧のご支援とご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
尚 新任の代表取締役社長につきましてはまだ若年にして未熟ですので
何卒格別のご高配を賜りますよう併せてお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  敬具

◆文例05◆ 【社長を辞任し会長へ就任/新任社長の挨拶】
謹啓 時下いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます
さて 私儀 このたび弊社第○回定時株主総会終了を期に取締役社長を辞任致しました
昭和○年社長就任以来○年の長きにわたり
一方ならぬご懇情を賜り有難く厚く御礼申し上げます
後任の取締役社長○○○○は若輩ではありますが
私同様のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもって御礼かたがたご挨拶申し上げます  敬具

役員改選

◆文例01◆ 【役員改選挨拶(臨時株主総会)】
拝啓 ○○の候 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
さて 私共 先般の臨時株主総会並びに取締役会におきまして
左記の通り役員改選を行いそれぞれ就任致しました
つきましては今後ますます社業の充実をはかり皆様のご要望に添うよう
一層の努力を致す所存でございますので何卒倍旧の
ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  敬具
平成○年○月

◆文例02◆ 【役員改選挨拶(定時株主総会)】
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます
さて 去る○月○日開催の定時株主総会並びに取締役会において
役員を選任し左記の通り就任致しました
今後役員一同決意を新たに業務に精励致す所存でございますので
何卒ご高承の上一層のご厚誼ご支援を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  敬具
平成○年○月

◆文例03◆ 【役員改選挨拶(定時株主総会)】
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます
さて○月○日開催の弊社定時株主総会並びに同日開催の取締役会におきまして
役員が選任され左記の通りそれぞれ就任致しました
今後役員一同決意を新たに業務に精励致す所存でございますので
何卒ご高承の上一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちましてご通知かたがたご挨拶申し上げます  敬具
平成○年○月

◆文例04◆ 【役員改選挨拶(臨時株主総会)】
拝啓 ○○の候 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
さて 私共 先般の臨時株主総会並びに取締役会におきまして
左記の通り役員選任を行いそれぞれ就任致しました
つきましては今後ますます社業の充実をはかり
皆様のご要望に添うよう 一層の努力を致す所存でございますので
何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  敬具
平成○年○月

◆文例05◆ 【役員改選挨拶(臨時株主総会)】
拝啓 ○○の候 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
さて このたび 弊社代表取締役社長○○○○の死去に伴う 臨時株主総会並びに
取締役会におきまして左記の通り役員改選を行いそれぞれ就任致しました
つきましては亡き社長の遺志を継ぎ一同ますます社業の充実をはかり
皆様のご要望に添うよう一層の努力を致す所存でございますので
何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  敬具
平成○年○月

転勤異動

◆文例01◆
拝啓 ○○の候 皆様にはつつがなくお過ごしのことと存じます
さて私こと このたびの異動により○○支店に勤務することになりました
○○支店在勤中は何かとお世話になり本当に有難うございました
新しい職場では戸惑うことばかりの毎日ですが
初心にかえり決意を新たに誠心努力いたす所存でございます
ので今後ともよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます
末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り致します
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます   敬具

◆文例02◆
拝啓 ○○の候 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます
さて私こと この度 ○月より株式会社○○○○に復帰することになりました
以前同様○○県全域を担当致しますので
何卒一層のお引立ての程よろしくお願い申し上げます
今までの経験を活かし皆様方に喜んでいただけるよう精励いたす所存でございますので
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます  敬具

◆文例03◆
謹啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
さて 私こと のたびの人事異動により○○勤務を命ぜられ過日着任致しました
○○支社在任中は心温まるご厚情により○年間無事楽しく
勤務することができましたことを心から感謝致しております
今後とも何かとお世話になることと存じますがこれまで同様
よろしくご指導賜りますようお願い申し上げます
尚 当地にお越しの節は是非お立ち寄り下さいませ
まずは右取り敢えずお礼かたがたご挨拶申し上げます  敬 具

 

◆文例04◆
拝啓 ○○の候 皆様にはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます
さて 私こと このたびの異動により○○支社勤務を命ぜられ このほど着任致しました
○○支社在勤中は一方ならぬご厚情を賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます
わずか○年の間ではございましたが 皆様のご支援のお陰をもちまして
有意義でかつ充実した日々を過ごすことができました
心から感謝致しますとともに皆様方のますますのご発展をお祈り申し上げます
何卒今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます  敬 具

◆文例05◆
拝啓 ○○の侯 皆様におかれましてはますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます
さて 私こと このたび◯◯◯◯勤務を命じられ過日着任いたしました
◯◯支社在任中は いろいろとお世話になりありがとうございました
新任地におきましても 今まで以上に業務に精励する所存でございます
今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます  敬具

◆文例06◆
拝啓 ○○の候 皆様におかれましてはますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます
さて 私こと このたび異動により◯◯◯◯に勤務することになりました
◯◯◯◯在職中はひとかたならぬ お世話になり 本当にありがとうございました
◯◯◯◯では ◯◯を担当することになりました
どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます
まずは 略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます   敬具

◆文例07◆
拝啓 ○○の候 いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます
さて 私こと このたび株式会社○○○○ ○○支店勤務を命ぜられ過日着任致しました
○○支社在勤中は公私にわたり格別のご厚情を賜りまことに有難く厚く御礼申し上げます
新任地におきましても微力ながら精一杯努力致す所存でございますので何卒今後とも
一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶申し上げます  敬 具

◆文例08◆
拝啓 ○○の候 皆様にはつつがなくお過ごしのことと存じます
さて 私こと このたびの異動により○○支店に勤務することになりました
○○支社在勤中は何かとお世話になり本当に有難うございました
新しい職場では戸惑うことばかりの毎日ですが
初心にかえり決意を新たに誠心努力いたす所存でございます
ので今後ともよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。
末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り致します
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます   敬 具

◆文例09◆
謹啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます
さて 私こと ○月○日付けで本社に異動となり過日着任致しました
○○支社在任中は公私にわたり温かいご厚情を賜りまことに有難く厚く御礼申し上げます
○年ぶりにいわば古巣に帰った訳ですが初心にかえり
一層の情熱をもって業務に精励する所存でございます
今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます  敬 具

赴任

◆文例01◆
拝啓 ○○の候 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます
さて 私こと このたび○○○○勤務を命ぜられ過日着任いたしました
○○○○在勤中は 公私にわたり大変お世話になり厚くお礼申し上げます
新任地におきましても心を新たにして努力する覚悟でおりますので
今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
末筆ではございますが皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ
お礼かたがたご挨拶申し上げます   敬具

◆文例02◆
拝啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます
さて 私こと このたび○○○○勤務を命ぜられ無事着任いたしました
○○○○○に在勤中は 公私にわたり一方ならぬご厚情を頂きまして
誠にありがとうございました
今後ともなお一層のご指導ご厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます
まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶申し上げます   敬具

◆文例03◆
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
さて 私こと このたびの異動により○○○○勤務を命ぜられ過日着任いたしました
○○○○在勤中は公私にわたり格別なご厚情を賜り
ありがとうございました 厚くお礼申し上げます
新任地におきましても精励いたす所存でございますので
今後ともよろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶申し上げます   敬具

◆文例04◆
拝啓 ○○の候 皆様にはつつがなくお過ごしのことと存じます
さて私こと このたびの異動により○○支社に勤務することになりました
○○支社在勤中は何かとお世話になり本当に有難うございました
新しい職場では戸惑うことばかりの毎日ですが
初心にかえり決意を新たに誠心努力いたす所存でございますので
今後ともよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます
末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り致します
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます   敬具

◆文例05◆
拝啓 ○○の候 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます
さて私こと このたびの異動により○○支社に勤務することになりました
以前同様 お引立ての程よろしくお願い申し上げます
今までの経験を活かし皆様方に喜んでいただけるよう精励いたす所存でございますので
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます  敬具

◆文例06◆
謹啓 初秋の侯 皆様にはますますのご健勝のこととお慶び申し上げます
さて 私こと この度の人事異動により○○勤務を命ぜられ過日着任いたしました
○○在勤中は公私共に一方ならぬご厚情を賜り厚くお礼申し上げます
新任地におきましても 何卒一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってお礼に併せ
皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます  敬具

◆文例07◆
拝啓 ○○の候 皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます
さて このたび私ども転勤に伴い下記のところへ転居いたしました
慣れない異国の地に戸惑うことが多々ございますが
家族一同助け合い 楽しく過ごしております
遠方ではありますが お近くへ起こしの節は ぜひお気軽にお立ち寄りください
まずは書中をもって御礼かたがたご挨拶申し上げます   敬具

記念・式典

◆文例01◆
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素はひとかたならぬお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます
さて 当社は今年で創立○○周年を迎えるにいたりました
これもひとえに業界各位のご支援ご厚情の賜物と深く感謝いたしております
なにとぞ 今後とも倍旧のご支援ご指導を賜りたくひとえにお願い申し上げます
なお ○○周年の感謝の気持ちとしましてささやかな記念品を同封しましたので
ご笑納くだされば幸いに存じます
まずは略儀ながら書中をもって創立○○周年のご挨拶を申し上げます  敬具
平成○○年○○月

◆文例02◆
拝啓 ○○の候 貴社ますますご隆昌のことと 心からお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を給わり厚くお礼申し上げます
お陰をもちまして 当社も創業○○周年を迎えることができました
それもひとえに貴社はじめ関係各位のご支援の賜ものとありがたく厚くお礼申し上げます
つきましては 右の記念を兼ねて いささか感謝の微意を表したく
本日別便をもって粗品を拝送申し上げました 
ご笑納いただければ嬉しく存じます
なお 弊社としましても これを機会に一層の努力をいたし
みなさまのご厚情にお応えしたい存念でございます
なにとぞ倍旧のお引き立てのほど 伏してお願い申し上げます
略儀ながら書中をもちましてご挨拶まで申し上げます  敬具
平成○○年○○月

◆文例03◆
創立祈念祝賀会への招待状
拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
さて おかげさまで小社は来る○○月○○日に創立○○周年を迎えることと相なりました
これもひとえに皆様方のご支援 ご配慮の賜物と深く感謝しております
つきましては 日頃の感謝の気持ちを込めまして 下記のとおり心ばかりの記念パーティーを催したいと存じます。
ご繁忙の折からまことに恐れ入りますが
何とぞご光来の栄を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご案内申し上げます  敬具
平成○○年○○月
(社名)
(代表者名)
 記 
日時 平成○○年○○月○○日午後○○時〜午後○○時
場所 ○○○○○○○○○○(◯◯市◯◯区○○○○○○)
なお、まことに恐縮ながらご都合のほど、○○月○○日までに同封のはがきにて
お知らせくださいますようお願い申し上げます  
 (地図を貼付)

◆文例04◆
拝啓 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引立てに預かり有難く厚くお礼申し上げます
さて 私こと ○○月○○日開催の取締役会に於いて社長に就任いたしました
つきましては 就任のご挨拶かたがた左記のとおりご懇談をお願い申し上げたく存じますので
ご多用中まことに恐縮ではございますが何卒ご来臨賜りますようご案内申し上げます  敬具
平成○○年○○月
(社名)
(代表者名)

一、日時  ○○月○○日(○) 午後○○時〜午後○○時まで
一、場所  ○○○○○○(○○市○○区○○○○○丁目○番○○号)
一、電話  ○○ー○○○○ー○○○○
追ってお手数ながら同封葉書にてご来否のほどを○○月○○日までにご回示賜りたく
また当日ご来臨の節は本状封筒を受付にお示し下さいますようお願い申し上げます

◆文例05◆
拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申しあげます
平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます
さて 当店は来る○○月○○日をもちまして開店一周年を迎えることに
なりました 開店以来 順調に業績をあげることができましたのも
ひとえに皆様方のお引き立ての賜と心より感謝いたしております
開店当初は不慣れのためになにかと不行き届きの点が多く
皆様方に大変ご不便をおかけしたことも多々あったことと
反省いたしております
つきましては 開店一周年を記念いたしまして 日頃のご愛顧を
いただいております皆様方への感謝の意を表したく記念セールを
開催いたしますので ぜひご来店くださいますようお願い申しあげます
何卒 今後とも一層のご愛顧 ご支援を賜りますようお願い申し上げます  敬具
平成○○年○月
(社名)
(代表者名)

合併文例

◆文例01◆
合併に関するご案内
謹啓 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます
さて このたび株式会社○○○○と株式会社○○○○が
○○月○○日をもって合併し株式会社○○○○として
発足することになり 代表取締役に○○○○が就任いたします
つきましては 私ども微力ながら新陣容をもって総力を結集し
皆様のご期待に沿えますよう全力を尽くして参りますので
よろしくご高承の上 今後ともなお一層のご支援を賜りますよう
お願い申し上げます
まずはご通知かたがたご挨拶申し上げます  敬白
平成○○年○月

◆文例02◆
謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てをいただき ありがたく御礼申し上げます
さて この度 ○○○○株式会社と○○○○株式会社は
平成○○年○○月○○日をもちまして合併し 下記のとおり
体制を強化いたしましたのでご通知申し上げます
つきましては 役員一同 お客様の信頼を第一に
全力を尽くす所存でございますので引き続きのご支援ご鞭撻を
賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます  謹白 
平成○○年○月
○○○○ 株式会社
代表取締役社長 ○○○○
○○○○ 株式会社
代表取締役社長 ○○○○
--------------------------------------------------
  記
社名 ○○○○株式会社
役員 代表取締役会長
    代表取締役社長
    取締役
    取締役
    監査役 
住所 本社(住所)
    電話
    事業所
    電話
事業内容
以上
○○○○株式会社
代表取締役社長○○○○

◆文例03◆
拝啓 ○○の候ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
さて この度 株式会社○○○○と株式会社○○○○は合併いたしました
製造と研究ならびに販売を統合し お客さまに対するより一層の
サービス充実をはかりたいと存じます
合併後の新会社は左記体制で発足しますが
皆さまの更なるご支援を賜りますようお願い申し上げます
誠に略儀ではございますが書中をもってご案内させていただきます  敬具 
平成○○年○月
株式会社 ○○○○○
代表取締役 ○○○○
株式会社 ○○○○○
代表取締役 ○○○○

◆文例04◆
謹啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引立てを賜り厚くお礼申し上げます
さて このたび弊社は 株式会社○○○○ との間に
○○○○○○に関する業務提携をいたすことになりました
今後は両社の緊密な協力によりまして お得意様各位にご満足いただける
製品の提供と一層のサービスをはかるため努力してまいる所存でございます
何とぞ両社に対し格段のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
まずは、略儀ながら書中をもってごあいさつ申し上げます  敬白 
平成○○年○月
株式会社 ○○○○○
代表取締役 ○○○○